即日融資も可能な無利息キャッシング会社

即日融資も可能な無利息キャッシング会社

※こちらのサイトは2015年5月17日時点の情報です。
店舗窓口・ATM情報は随時変更されるため、必ず公式サイトをご確認ください。
失敗しないキャッシングサービス

初めてのキャッシングで審査が不安な方へ
その日のうちにお金を借りるコツは即日融資が可能な業者に複数申込みすることです。ただし、あまり沢山申込みするのは審査的に不利なので注意してください。


リスト SMBCコンシューマーファイナンス プロミス

急ぎの人でも大丈夫!最短1時間で融資も可能です。
自動契約機の台数も業界トップクラスで利便性の高い人気のキャッシングサービス!

リスト プロミスの詳細ページへGO!


リスト アイフル

パートやアルバイトでも一定の収入があれば大丈夫!
家族にバレずにカードを受け取れるサービスは人気があります。

リスト アイフルの詳細ページへGO!


リスト アコム

3秒診断で借り入れ可能かすぐに診断してくれるので急ぎの人にも人気です。
もちろん即日融資にも対応してくれます!

リスト アコムの詳細ページへGO!


リスト 新生銀行カードローン レイク
選べる2つの無利息キャッシングが人気です。
リスト レイクの詳細ページへGO!


リスト モビット
電話連絡や郵送物がないWEB申込みが人気です。
リスト モビットの詳細ページへGO!


店舗検索
利息を見極めてキャッシングを使いましょう


キャッシング会社を選ぶときに、必ず見るのは利息だと思います。確かに多くの会社が設定している利息の年利は18%になっています。

そのため、18%の横並びの利息を採用している場合にはどの会社を利用しても、金額の面ではほとんど変わりません。

しかしながら、17.8%や一桁台の利息など、様々なメリットを持ったキャッシング会社はたくさんありますから、用途によっては非常にお得に利用することができます。

目的ローンを組む場合にはもちろんキャッシングではなく、銀行などの専門窓口で申込みをした方が確かです。
ただ、生活費や娯楽費などに利用したいという自由利用で融資をしてもらえるキャッシングの場合は話が変わってきます。

そのため18%の利息の会社を利用することになるのが一般的なのですが、少しもらっている給料に余裕がある人の場合には、利息を安くして利用できる可能性が高まります。

分岐点としては年収が400万円程度ある人の場合には確実に銀行系のカードローンを利用することが可能です。
銀行系カードローンのメリットはやはり利息です。融資額が百万円台になると年利が一桁台で利用することができます。

いきなり数百万円を一括で返済するというのは、物理的に無理だと思いますが、ゆったりと返済をしても18%に比べるとかなり有利に利用できますから、希望する融資額が高い人の場合には、利息の見定めは非常に重要になります。

では、収入が200万円台の方の場合にはこうした利息の安いキャッシングが利用できないのかというと、そういうわけではありません。

様々なキャッシングの中には、利息が0円という会社もあります。これは初回利用の人に向けたサービス金利で、このサービスを利用することで利息を抑えることができます。

一つの会社で一回の利用になることが多いですが、普通に利用すると必ず発生する利息をゼロにすることができるため、
一回だけを見ると大した金額にはならないかもしれませんが、何社も利用するとかなりお得だということが実感できるでしょう。

銀行ローンと消費者金融の違い

お金を借りるときには、企業から借りる方法と知り合いから借りる方法があります。知り合いには色々なものがありますが、家族も知り合いの一つですし、同僚や友人も知り合いの一つの種類になります。

同僚や友人に借りるメリットは、金利が必要ないことが多いということです。借用書を書いて金利を取ることもありますが、大抵は金利が必要ありません。しかし、デメリットとしては人間関係が壊れてしまう可能性があるということです。金の切れ目が縁の切れ目という言葉があるように、お金のことになると皆さんシビアになりますので、お金を返済できなくなってしまうと、人間関係を続けるのが厳しくなるので注意です。

したがって、人間関係を大切したいと思っているなら企業から借り入れを行うことが重要になります。そのためには、どこから借り入れをするか選ぶ必要があります。通常では消費者金融や銀行から借り入れを行うのですが、この両者には大きな違いがあります。

消費者金融よりは銀行の方が資本面でもしっかりとしているので、借り入れをするときにも安心です。大きな違いは総量規制です。総量規制とは、自身の年収から見て3分の1までしか借り入れができないという制度です。

総量規制は消費者金融には適用されますが、銀行ローンには適用されません。自身の年収から見て、3分の1以上の借り入れが必要なときは、銀行を利用するようにしましょう。

リスト 自動契約機が近くになくても大丈夫!
《スマホ》からすぐに申し込み可能です!

 ↓ ↓ ↓ ↓ 
【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断!